トップページ > ポリシー

ポリシー

イメージ写真

洋服の一生に携わる店

仕立てる(洋服の誕生)、クリーニング(洋服の手入れ)、修理(洋服の入院)、リサイクル(洋服の墓場)、すべてに携わる店です。

お気に入りの洋服を仕立てあげるまでにはいくつもの工程があります。顔映りの良い色目と流行りの色柄とを絞り込んで服地を決め、スーツのテイストを選び、デザイン・ディティールを一つひとつ選んで行きます。 スーツの具体的な形が見えてくると、今度は釦や裏地を選びます。そして、裏地の付け方や釦の切羽飾りの形状を決めると、スーツの仕立て方が判然としてきます。

ここで漸く採寸となります。一人ひとりの体のクセを見ながらメジャーリング。肩下がりの状態や反身・屈伸の具合を補正数値に置き換えてカルテを作り上げて行きます。このカルテをもとに裁断-縫製-仕上げという製造工程に入って行きます。

製品の仕上がり後は、試着をして状態を確認した上で納品ということになりますが、特にウールなどの洋服は人間の汗や大気中の水分、ほこりなどを吸って「生きて」いますので、永く着続けるためにはメンテナンスが必要になります。適度なクリーニングやブラッシングなど、コツを知って対処することで永く着用することができます。

たまに、クリーニングは1週間に一度という方がおられますが、過度なクリーニングは洋服を傷めるだけです。ブラッシングや陰干しをして汚れや水分を除去してやれば清潔感は十分保てるものです。アイロン掛けも、当て布を当てることで服地表面の損耗も防げ、テカリ防止になるなど、気の遣い方ひとつで大切なワードローブを守ることができます。

また、太ったり痩せたりでサイズの調整が必要になることもあるでしょう。苦しいのを我慢して着用を続けるのは健康面でも宜しくありません。そんなときは、お直しでサイズを調整しましょう。オーダーの洋服は、既製品と比べると縫い代が多めに付けてありますから安心です。お気に入りの洋服を長持ちさせるにはお直しもひとつの対処法と考えてください。

大切な洋服が、流行が変わったために着辛くなってきたという方にはリフォームがお勧めです。断ち直してシルエットを大きく変えたり、ロングスカートをミニスカートに変えると言ったように形そのものをまったく違うものにしてしまうこともできます。大切な洋服を、色んな方法で永く着続けていただくことが当店の存在価値だと考えます。小さなことでもお問合せいただければ幸いです。

大切な洋服を永く着ていただきたい。
               当店でお買い上げの洋服は1年間無料で調整、その後永久に割安にて修理します。
               洋服で困った時は、当店にご相談ください。
               Eco-Valcon-Squareは皆様の洋服のためにある店です。

着易く、永く着られる洋服づくりがモットーです。

ベスト1枚、パンツ1本からオーダーできます。スペアパンツも付けられます。

会社行事に着るユニフォームなども数量があれば、生地から染めることもできます。なんなりとご相談ください。